かつての結婚観にとらわれないことが婚活成功の秘訣

婚活をこれからはじめる方、すでにはじめている方、いずれも、自分なりの結婚観というものがあるはずよね。

一昔前は、「結婚したら、女性は家に入る」とか、「子供は女の子と男の子二人で・・・・」とか、「結婚するなら年上じゃなきゃ」とか、そういった結婚観がいわば常識というか、当たり前だったけど、今は時代が変わって、結婚観なんて十人十色、人それぞれ全く違ったものになってきてるのよね。

そんな状況の中で婚活をしていく場合、自分の結婚観に凝り固まりすぎると、相手のプロフィールやデータだけで判断しがちで、出会いの幅が狭くなってしまいます。また出会ってから付き合っていくなかでも、結婚観が合わないからダメだわ~と早合点して、お断りしちゃうケースも多くなっちゃいます。

結婚観が全く同じ人なんていない!そんなことはよーく考えれば誰だってわかるもの。

結婚観が多少違っても、この人とだったら、いっしょにやっていける。お互いの結婚観も理解しあっていける、というのが理想のつきあい方なんじゃないのかな。

一番大切なのは、一緒にいたいと思えること。一緒に生活してきたいと思えること。一緒にいて安心で、お互いが成長していけるような人を見つけることだわね(キッパリ!)

もちろんだけど、結婚観が全く違いすぎるのは論外ね。

結婚生活に対する価値観はもちろん、お金のこととかもね。この先長い間一緒に生活していくわけだけら、大切なことだわ。

だからね、婚活する前にやっておきたいことは、自分の結婚のなかで、これだけはゆずれない部分と妥協できる部分をあらかじめまとめておくことよ。

相手を知るには、まずは自分を知ること、これが大切。

自分はどんな人間で、どんなことが好きで、こんな将来を夢見てるとかね、とにかく自分のことを紙に書き出すといいわ。これ、ブレインストーミングっていうんだけどね。ま、自分の棚卸しのことね。自分がどんな人間で、この先どんな生活を送りたいかを、全部吐き出してみてね。そうしたら、自分の結婚観とか絶対見えてくるから。騙されたと思って紙に書いてみて!

自分のことを知ることができれば、相手に求めるものも徐々に見えてくるわ。

これやっておけば、「やさしい人が理想」なんて抽象的なことは言わなくなるから。

このページの先頭へ